REIKOのJAMブログ

腸内フローラの大切さについて

皆さんは腸内フローラという言葉をご存じでしょうか?

なんとなく聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

腸内フローラは腸内にびっしり花畑のように広がる細菌群なのです。

4月24日付けの山口新聞には次のようなことが書かれています。「乳酸菌やビフィズス菌は腸内フローラのバランスを改善し人に有益な作用をもたらす生きた微生物のこと。有益性としては、便秘や下痢の改善、花粉症やアレルギーなどの免疫機能の改善、感染症予防、糖尿病、動脈硬化などの代謝疾患の予防があげられます。・・・特定の腸内細菌の餌となる食品成分のこと。・・・オリゴ糖や食物繊維の一部が認められ、その効果としては乳酸菌やビフィズス菌の増殖促進、整腸作用、ミネラルの吸収促進、炎症性腸疾患の予防と改善などが示されています。」

このように腸はとても大事な臓器ですから大切にしていきたいものですね。